日差しからお肌を守る|赤ちゃんに優しい授乳服が乳幼児期を支える
親子

赤ちゃんに優しい授乳服が乳幼児期を支える

日差しからお肌を守る

家族

低刺激で落としやすいもの

生まれたばかりの赤ちゃんの肌は、大人の肌とは違い、とっても薄くて敏感な状態です。生まれつき肌の弱い赤ちゃんの場合は何気ないお散歩中の日差しなどによって、日焼けをしてしまい炎症を起こすことがあるので、春先から秋口の外出時には日焼け止めの需要がとても多いです。特に人気があるのは、緩めの液体が特徴的なミルクタイプの日焼け止めです。全身の保湿をしながら満遍なく塗布することができます。さらに虫除け効果のある香り付きの日焼け止めも注目されています。虫が嫌いなハーブの香りを日焼け止めに配合してあるもので、虫刺されと日焼け対策を同時にできると忙しいお母さんたちに人気があります。お風呂でボディーソープを使い簡単に落とせるかも選ばれる基準になっています。

SPFの数値に特徴がある

赤ちゃんに適した日焼け止めは、様々なブランドから発売されています。ですが共通しているのは、大人用と違いウォータープルーフではなく、石けんで簡単に落とすことができるものであること、また日焼け止めの力を示すSPFが20から30ほどと低めに設定されています。まだ未熟な赤ちゃんのお肌を分厚い日焼け止め液で蓋をしてしまう方法ではなく、日傘や帽子などの日よけアイテムをうまく使いながら、赤ちゃんを日差しから守る方法を推奨しているからです。海やレジャーなどでは、こまめに日焼け止めを塗り直したりと、お母さんは工夫が必要です。また、夏場でも赤ちゃんの薄い肌は乾燥してしまいやすいので、同時に保湿効果を兼ねているものが特に多いです。